きなみ歯科掲示板

 急患の方は
 医療費控除について
 人材募集=なし

きなみ矯正歯科では、小臼歯を抜かない歯列矯正を推進しています。
(親知らず以外の抜歯はほとんどありません)
専門医としての日本矯正歯科学会認定医 が、不正咬合の治療を担当しています。
私たちスタッフは、歯の矯正によって、きれいな歯並び、 口もと、笑顔で明るく
生きていくお手伝い をさせていただくことが幸せです。
子供さんの歯並び矯正の多くは、医療費控除がききます(確定申告が必要です)ので、
子供のうちの歯科矯正をおすすめしています。


 ●きなみ矯正歯科から患者の皆様へ


 できれば歯を抜きたくない
      (きなみ矯正=育てる矯正)

 「健全な永久歯を極力抜かない矯正治療」
 「あご、顔面の成長発育を育成し、健康で
  余裕のある呼吸や姿勢を獲得する」それが
  きなみ矯正歯科の目標です。

  従来の歯科医学教育においては、でこぼこ
  (乱杭歯)があれば歯を抜いて隙間を作りそこに歯を
  動かすように教えられました。
  しかし当院では、あごの骨の成長を育成していくと
  ともに、歯を取り巻いているくちびる、頬、舌、喉(のど)
  といった軟組織の機能をもっと考慮すること(=筋肉バラン
  スを整えること)によって、永久歯を極力抜かずにきれいな
  歯並びをつくることを目指しています。
   治療に最適な時期は患者さんによって異なりますが、治すの
  が難しい歯並びほど早く開始した方が良いと言えます。 きなみ矯正歯科では、
  矯正治療を行うに当たっては歯だけではなく、 呼吸 (鼻咽頭気道の機能改善)や
  姿勢(全身の健やかな成長発育)を大切に考え、それらの改善に常に目を向けています。
  そのような視点に立った考察によって、きなみでは歯を抜いて隙間を作るよりも、
  歯列・顎を育成する方向での治療を目指しています。
  いわば、「育てる矯正」の結果 として、小臼歯を抜かずにすむことが大半となっています。
  非抜歯のための非抜歯矯正ではありません。非抜歯を名乗る
  矯正治療法にもさまざまな種類がありますので、十分に検討されることをお勧めします。


 

きなみ矯正歯科の特徴




(c) Copyright 2004 kinami Pedodontic & Orthodontic Clinic All rights reserved.