ここまでできる非抜歯矯正
診療時間
地図
駐車場
Dr.たけもとの歯の話
きなみ歯科掲示板

 急患の方は
 医療費控除について
 人材募集=あり


         ■歯の外傷について NEW! 
         ■きなみでの治療について
         ■おやつについて
         ■気をつけるところ(年齢別)
         ■ムシ歯のできやすいところ
 



 きなみでの治療について

ムシ歯は進行することはあっても治ることはありません。
できてしまったら治療が必要
ですね。ムシ歯の進行度合い、部位 、前歯か奥歯の違い、乳歯か永久歯の違い、お口の中の衛生状態、歯磨きの達成度などで治療の方法は変わりますが、お子様の負担をできるだけ少なくしつつ、将来の永久歯を見据えた上での最良の方法で治療を行うようにしています。



ムシ歯の大きさ(深さ)で治療の方法は変わってきます


  ムシ歯の乳歯もきちんと治療
   すると・・・
きれいな永久歯が
生えてきます
 
  治療せずにほっておくと・・・
変色した永久歯がずれて
生えてきたり


麻酔について… 痛みを感じなくするために、抜歯やきちんとしたムシ歯治療には必要です。治療後は1時間半から2時間はしびれているので、何も食べないようにしてください。注射という表現は恐怖心を呼ぶので、「しびれるお薬をつける」と言うようにしています。実際に注射という印象はないようにしています。
痛いというイメージを持たせないようにしましょう。

乳歯のムシ歯を放置すると、永久歯が弱くなったり、歯並びが悪くなったりします。生え替わるからムシ歯でもいいというわけではないのです。子供さんの健康な歯を育ててあげられるよう、きなみ小児歯科のスタッフ全員がお手伝いします。

 C1(シーワン) 

エナメル質までのムシ歯

<治療法>シーラント(歯のミゾ)
     進行止め(歯と歯の間)
シーラント
進行止め

<治療回数>1〜2回

<麻酔>必要なし

 C2(シーツー)

ぞうげ質までのムシ歯


<治療法>前歯、奥歯(小さいムシ歯) →白いつめもの
     奥歯(大きいムシ歯) →かぶせる銀歯



<治療回数>1回

<麻酔>必要

 C3(シースリー)

神経までのムシ歯 

<治療法>神経の治療後、かぶせる

 

<治療回数>2回〜
膿み方がひどい場合はうみが引くまで

<麻酔>必要

 C4(シーフォー) 
それ以上進んだムシ歯・またはぐらぐらの歯
<治療法>抜歯

<治療回数>1回

<麻酔>必要




ここまでできる!非抜歯矯正


(c) Copyright 2004 Kinami Pedodontic & Orthodontic Clinic All rights reserved.